医療でお薬手帳の存在で縦割りを解消していく

医療

医療でお薬手帳の存在で縦割りを解消していく

医療でお薬手帳の存在で縦割りを解消していく

医療といえば患者の症状を改善するための行為となります。
これまで患者の症状を改善するためには病院で医者の診察をしてもらい、医者の診断による処方箋に従った薬を渡されて改善されるが一般的なスタイルとなってます。
また症状が重い場合は手術などの治療をして状態がよくなるまで入院となります。
その患者の症状は高齢になるほど段々と体内のあちこちで複数の症状が併発するようなことが頻発するようになってきます。
そのように複数の症状を併発してるような状態であちこちの病院や薬局へ行くようなことになると、お薬手帳の存在が重要視されるようになります。
このお薬手帳というのはその人のこれまでの症状や薬に関する履歴をまとめた手帳となります。
それぞれの病院や薬局では個々の症状だけに対しては最適な答えを出せるかもしれませんが、このお薬手帳の存在がなければ、別の症状や薬に関する情報を知らないままとなるので、下手をすると別の薬との組み合わせ次第では過剰な効き目になってしまったり、逆に相殺されてしまったりなどする場合があり得ることになります。
また予期しない深刻な症状を出してしまう場合もあり得るかもしれません。
しかしお薬手帳があれば、それを病院や薬局で見せることで、これまでの縦割りのような診断をしないで、総合的な診断として最適な答えにつなげることができるようになります。