医療に関わる人に大切なことは何か

医療

医療に関わる人に大切なことは何か

医療に関わる人に大切なことは何か

医療に関わる仕事をしている人は、特定の患者に感情移入をしてはいけないと言われています。
過酷な状況になっても涙を流してはいけませんし、声をあげて泣くことも出来ません。
もしも自分の感情を表に出して患者や患者の家族の前で泣くようなことがあると、不安を煽ってしまうことになります。
不安にさせないということも考えなければいけないので、冷静になることも大事です。
冷静になって対応をすることによって、信頼を得ることができます。
特に子どもを相手にしている場合、大人とは対応が異なります。
特別扱いをしてはいけないので、全ての患児が特別という形で対応をしなければいけないということがあるようです。
患児の親も自分の子どもは特別に対応をしてもらっている、ということを言ってはいけません。
最近ではブログで闘病記を綴る親もいますが、特別扱いを受けているような勘違いをさせるような記事を書いては避ける必要があります。
不安を煽らないようにするのが医療従事者には大事なことです。

株式会社アルファインターナショナルのHP

患者様とのコミュニケーションを大切にする練馬区の歯医者
1人1人と向き合って治療していきます

予防歯科始めませんか?地域密着のつるま歯科では定期健診を実施しています

三軒茶屋の小児治療歯医者
お子様目線でお話します

最新記事